車ローンの保証人がいない場合はどうするべき?体験談と解決策




車ローンの保証人がいないとなると悩みますよね。

保証人がいない場合はどうしたら良いのか分りませんね。

そこで保証人がいない状態で車ローンを組むためにはどうしたらよいのか、体験談と解決策をお送りします。

車の保証人が必要と言われたのに保証人になれる人がいない・・・の体験談1

質問

車の購入の際に保証人が必要と言われたのですが、保証人になれる人がいないのです。

そうなると車の購入はできなくなってしまいますか?

回答

単独では信用が足りないからローンは不可だということですね。
誰か信用のある人を付ければ貸してあげてもいいよって話なのです。
保証人いないならローンは不可です。現金一括で購入しましょう。

車のローンを未成年で保証人いないの体験談2

質問

車のローンで未成年のため連帯保証人をつけないといけないと言われてしまいました。

お母さんはアルバイトをしています。

お父さんは年も年で仕事をやめてしまったんですが、保証人になってもらえますか?

保証人になってくれる有力な人がいないです。

回答

大切なのは、ローンの利用金額は幾らなのかです。

未成年なので両親の代理購入となりますね。

 

1番困るのは3番目の生活保護を何らかの形で受給している家庭です。

成人になるしかありません。もちろん親は連帯保証人にもなれません。

自社ローンで車ローン、身内いない保証人いないの体験談3

質問

自社ローンでしか車を購入する方法はありませんか?

身内がもう全くいない為身内の保証人がいない状況です。
その場合ローンは組めないですか?

回答

自動車ローンで保証人要求されるのは年収に対して借り入れが多いのですね。
ほとんどの人は保証人なしで借り入れできる範囲のローンを組んでいます。

予算を下げる事しか解決方法はないと言えるでしょう。

まあ、保証人の代行会社は有りますが・・・。

保証人が居ない場合車のローンを組めなくなってしまうので困ってしまいますね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です