連帯保証人になるとローン通らないって本当?なぜ?体験談と解決策




連帯保証人になるとローンが通らないって本当なのでしょうか。

連帯保証人になるとローンが通らないなら連帯保証人になるのは避けたいので悩みますよね。

連帯保証人になるとローンが通らないは本当なのか体験談と解決策をお送りします。

 

連帯保証人になるとクレジットやローンが通らなくなる?の体験談1

質問

連帯保証人になるとクレジットやローンが通らなくなりますか?

回答

連帯保証人は債務者の連帯保証をしているだけですから大丈夫です。

ローンなどで借りたお金を債務者が返済していれば、連帯保証人は何にも関係ありません。

債務者が返済をしていない場合に限り、連帯保証人の元に請求がくるだけですから、連帯保証人になったからといって、クレジットが使えない事はありません。

 

連帯保証人になるとその後ローン通らない?の体験談2

質問

知人が叔父の保証人になり、その後知人はローン通らなくなり、組めなくなったそうです。
その場合、どんなことが起こって知人がローンを組めなくなったのでしょうか。

5年ほどは穏便に過ごすと、支払能力がないと認められるから5年はまずローンが組めないなどと知人は私に話しました。

回答

借金の連帯保証人は「叔父さんと同額の借金を背負った」事になりますので、知人が何か他のローン組みたくても、年収に対して返済能力を超えるので借りられなかった事がありますね。
叔父が延滞→知人に支払い請求→知人も払えない→債務整理→ブラックで借りられないですね。

支払い能力が無いと認められるのは、自己破産申請して調査の上、裁判所が決める事ですよ。

連帯保証にになるとローンが通らない体験談3

質問

親の連帯保証人になって親が全額払えなくなってわたしが借金の返済をしなきゃいけなくなった場合についてです。

わたしは、今後ローンなど組めなくなるのですか?

回答

借りた所にもよります。

あなたの今後のローンとかには あまり影響ないと思いますが。

 

連帯保証人になるとローンが通らないことになってしまう場合もあるのですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です