車ローンの審査に連帯保証人は関係あるの?体験談と解決策




車ローンの審査で連帯保証人になってしまうとどうなるのか悩みますよね。

何も影響がないならよいものの、影響がある場合は避けたいですね。

連帯保証人になるとどうなるのか体験談と解決策をお送りしますね。

車ローンの連帯保証人になると?の体験談1

質問

車のローンの審査での連帯保証人って、月々の支払いを怠った場合は連帯保証人の方に請求がいくのですか?

回答

法律的には貸したローン会社は本人が支払いを遅れてなくても本人にでも連帯保証人どちらにでも請求する事ができるのです。
連帯保証人とは借りた本人と同等の責任があるということになりますよ。

車ローンの連帯保証人になったら住宅ローンは・・・の体験談2

質問

住宅ローンの仮審査受かった後、300万の妻の車のローンの連帯保証人になったのです。

本審査3200万は審査はとおるのでしょうか。

年収370万の自衛官です。自分自身の借金はありません。住宅ローンは一人で組みます。

回答

今の年齢にもよりますが自衛官の定年は54です54までに完済できることが条件となります。

30代以上なら年収450無いと厳しいでしょう。

車ローンの連帯保証人になり契約者連絡普通に・・・の体験談3

質問

知人の車のローンの連帯保証人になって契約者は1年ほど払っていました。

最近になって支払いの滞りがありローン会社から連絡があったのです。

契約者に連絡すると連絡先がなく前に住んでいた住まいも仕事場からも居なくなってしまいました。

自分の生活もあるし困ります。

回答

あなたには残債全額を支払う義務がありますね。
あなたの義務に変わりはありません。

連帯保証人になるということはかなりリスクが高いのです。

ローンの支払い義務からは免れませんので、ローンを払ったうえで個人的に知人を探し出して求償権で民事裁判を起こすか、払えないなら自分も行方不明になるか破産するしかないですね。

 

車ローンの審査は連帯保証人が必要な場合はローン額を引き下げるなどした方が良さそうですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です